世界の変なニュース


by mugaku0
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:UMA・怪物( 10 )

チュパカブラのミイラ?

a0009186_1123324.jpg

テキサス、エルパソの質屋に、謎の生物のミイラが。

伝説の怪物、チュパカブラではないかとの、もっぱらのうわさです。

http://www.cryptomundo.com/cryptozoo-news/chupa-curio/
[PR]
by mugaku0 | 2007-02-23 11:23 | UMA・怪物
a0009186_9275546.jpg
非常に珍しい、双頭の爬虫類の化石が見つかった。

見つかったのは、中国北東部。

研究者のエリック・ビュフェトー氏は、この爬虫類が化石になったときは、まだ非常に若かったと述べる。

この爬虫類は、choristoderanという、成人期に1メートルほどの大きさで、首の長いのが特徴だという。

時代的には白亜紀に棲息していた水棲の動物とのこと。

現代でも、双頭のヘビが400例発見されている。

しかし、脊椎動物の化石としては、このような奇形は非常に珍しいという。

http://news.bbc.co.uk/1/hi/sci/tech/6195345.stm
[PR]
by mugaku0 | 2006-12-23 09:28 | UMA・怪物
a0009186_7344356.jpg

サンタカタリーナのラグーンで妙な水棲生物が見つかった。

魚なのか両生類なのかわからない生き物は漁師の網にかかった。

全長35センチ、丸い大きな頭をもち、白く透明で、カエルのような足をもっていた。

the local Meeting of Communal ActionのM・エルナンデスは、これまでこれに類似した生物は見たことがない、と述べた。

「私はそれが両生類であると思っています。しかし、おかしなことに、つま先に水かきがあります」

謎の生物は、いま冷凍保存されている。

http://www.strangeark.com/blog/2006/12/south-american-amphibian.html
[PR]
by mugaku0 | 2006-12-13 07:35 | UMA・怪物
a0009186_748250.jpg
これまでネス湖の怪獣について、プレシオサウルスではないかとの説があった。

プレシオサウルスは、1億6000万年前に棲息した海洋爬虫類だ。

ケンブリッジのセジウィック博物館のレスリー・ノー博士はプレシオサウルスの生態を詳しく研究している。

博士によると、プレシオサウルスの長い首は、もっぱら海底の柔らかい生物を食べるために役立っていた。

首は柔軟で自在に動かすことができた。しかし、頭は堅い食物を食べるのには適していなかった。

そして、プレシオサウルスの首の骨格は、水面から持ち上げることができないほどやわだった。

よって、ネッシー写真に見られるように、湖から首を持ち上げるようなことはできなかったのである。

つまり、ネッシーのプレシオサウルス説は間違いなのだ、そうです。

http://reports.discoverychannel.ca/servlet/an/discovery/1/20061102/discovery_lochnessmonster-061102/20061102?hub=DiscoveryReport
[PR]
by mugaku0 | 2006-11-14 07:48 | UMA・怪物

ビッグフットかゾウか?


a0009186_11442098.jpgKampung Batu 4のゴム栽培園で、Kota Tinggi滝から3キロに及んで、ゴムの木の枝が大きな音とともに折られていた。

kongsiの労働者たちが、現場を調査したところ、大きな足跡を見つけた。

州の野生動物省長官ラザク・マジッドは、それが若い雄ゾウの足跡だと主張した。

しかし、テンガラ議会の議長マロザン・アフマドは、違う意見をもった。

「我々は、足跡が45センチであるのを発見しました。足跡は、1メートル間隔でついていました。これは大きな二足歩行の動物が動いていたことを示します。2メートル以上の高さの枝が折られています」

マロザンは、その道の権威と研究者が、足跡を調査することを望んでいる。

はたして、足跡は、ゾウか、それとも謎のビッグフットか?

http://www.nst.com.my/Current_News/nst/Friday/National/20061110074322/Article/index_html
[PR]
by mugaku0 | 2006-11-12 11:44 | UMA・怪物

謎のゼリー状ボール

a0009186_1011546.jpg
今月1日、ホーダランド(西ノルウェー)、マトレフィヨルドで、ルードルフ・スベンセンとアーリン兄弟が、潜水していると、奇妙なものが見つかった。

「それは、直径50~70センチのビーチボールのようなものでした。全体は透明でしたが、中央に赤いラインがありました」(ルードルフ談)

ルードルフは、ベルゲン大学のTorleiv Brattegard博士に連絡をとった。

「それは、動物(藻)、または微生物の不可解な固まりかもしれません」(Brattegard談)

しかし、その後、Brattegard博士は、謎が解けそうだと語った。

スタバンゲル博物館のArne Fjellheimが、情報を提供したからだ。

彼によれば、このゼリー状の大きなボールはイカの卵袋だという。

「ゼラチン状の固まりは、いくつかの受精卵を含みます。イカは近づきがたい生き物なので、これはめったに見られないものです」

それにしても、海には、まだ未知のものが眠っていそうです。

http://www.aftenposten.no/english/local/article1511398.ece
[PR]
by mugaku0 | 2006-10-31 10:01 | UMA・怪物
a0009186_6434433.jpg
メイドストーンにあるアンジェラ・フォスターさんの庭の壁が壊れたあとから、メガラドンと呼ばれるサメの切歯が発見された。

メガラドンは1000万年前のサメで、体長は15~20メートル。クジラなどもかぶりつくことができた。

まして、人間サイズの生き物など一飲みだ。

発見者のフォスターさんは、最初、それが矢の先かと思ったという。

歯はケント博物館に提供された。

なぜ、フォスターさんの庭の壁に歯があったのかは不明。

http://news.bbc.co.uk/1/hi/england/kent/6082474.stm
[PR]
by mugaku0 | 2006-10-26 06:44 | UMA・怪物

新種のツノ恐竜発見

a0009186_9454454.jpg
米ユタ州の古生物学者ジム・カークランド博士が発見した恐竜です。

20本以上のツノをもつ姿は恐ろしいですが、たぶん、おとなしい恐竜だったと考えられています。

ツノは仲間を惹きつけるために、スパークリングするのに使われたのではないかとのことです。

http://www.sltrib.com/ci_4521080?source=rss
[PR]
by mugaku0 | 2006-10-21 09:46 | UMA・怪物
a0009186_9313262.jpg
UFO事件として有名なものに、1952年9月12日、ウェストヴァージニア州ブラクストン郡フラットウッズでの目撃例がある。

住民により、未知の飛行物体がガサウェーの町の近くに落ちていくのが目撃された。

さらにフラットウッズの学校の生徒たちが、飛行物体が丘の上に着陸するのを見た。

そして、彼らはその丘で、光り輝く物体と、高さ10フィート(3.05メートル)のエイリアンを見たというのだ。

これが「フラットウッズ・モンスター」と呼ばれるエイリアンである。

しかし、オカルト探偵ジョー・ニッケルによれば、墜落したという飛行物体は流星、丘にとまっていた物体は飛行機のビーコンを見誤ったものであるという。

さらに、フラットウッズの怪物は、木の上にとまっていた「フクロウ」であったとのことだ。

なーんだ。そうかいな。

http://ufos.about.com/b/a/256782.htm
[PR]
by mugaku0 | 2006-09-28 09:32 | UMA・怪物
ロシア、サハリンの海岸で、ロシアの兵士が見つけた謎の怪物の死骸。

骨と歯から見ると魚類ではなく、骨格はワニの仲間ではない、という。

写真だけではよくわかりませんが、いったいなんでしょう?

ロシアというのは、ときどき怪しいネタが見つかります。
a0009186_8543527.jpg

http://www.cryptomundo.com/bigfoot-report/russian-plesiosaur2
[PR]
by mugaku0 | 2006-09-03 08:55 | UMA・怪物